遠征パッケージ完全解説:帰りの荷物編

クーラーに魚を入れて機内預かりにする場合、
行きにクーラーに入れていた荷物と機内預けにした荷物は
すべてゆうパックか宅急便・ヤマト便で送ります (^-^)

シャウトのアドベンチャーバッグとその中身。
22_5_11_1_1.jpg
22_5_11_1_2.jpg

 

 

行きにクーラーに入っていたロッドのグリップも入ってます (‘-^*)/
22_5_11_2_1.jpg
22_5_11_2_2.jpg

 

 

ハードなバッカンにはジグとリールです (^-^)
22_5_11_3_1.jpg
22_5_11_3_2.jpg

 

 

ソフトなバッカンには小物と洗濯物です (^-^)
22_5_11_4_1.jpg
22_5_11_4_2.jpg

 

 

さて、問題は魚とロッドです (。ゝ∀・)b

基本的に1名の機内預かりの重量制限は国内だと20kg。

そして預かれる1個の重量制限は45kgです。

2名以上で同じ空港から空港まで向かう場合、
僕は魚を持って帰ることを最優先しクーラーに
魚を入れて機内預けにします (‘-^*)/

単純に計算して2名で40kgのクーラーを持ち込めます (´∀`)

離島の空港だと2人で45kg+ロッドでも、
まあ大目に見てくれます <(_”_)>ペコッ

船にいる間に冷やしてあった魚だと、
先送り編のクーラー&テーブルクロスを使った
コンポをすれば、かなり少量の氷でOKだから
そこそこ魚は入れられます (‘-^*)/

僕はエラ&内臓も抜いた状態でクーラーに入れるようにしています (‘-^*)/

いざ、規定の重量より少し重めでカウンターに乗り込みます (^o^)/

たまに係りによっては
「規定の重量の2kgオーバーになります。
超過料金が○○○○円になります・・・」
なんて言われることがありますが、
「2kgくらいまけとけや、ボケー!」とか
「行きはよかったのになんでやねん、ボケー!」とか
「太ってるやつから超過料金とれや、ボケー!」とか
「責任者だせ、ボケー!」

なとと、けしてごねないように (‘-^*)/

気持ちは分かりますが、ごねる人がいるからどんどん厳しくなるんです!

常に笑顔で
「すいません・・・少し出して見ます!」とか
「オーバー分のお魚貰っていただけます?」とか
「あれ!?ちゃんと計ったはずなのになあ!?」
と丁重に応対しましょう (‘-^*)/

遠征パッケージ完全解説:先送り編にもどる

ぎょねっとさんでおまんにゃわ(^-^)
ぽちっとご協力お願いしまんちゅうm(_ _)m

GyoNetBlog ランキングバナー

ウォブリン【WOBBLIN】の
ご購入はこちら>>
ウォブリン【WOBBLIN】のご購入はこちら

ニューカラー販売開始!

パワーストーンブレスレットのご購入はこちら>>
パワーストーンブレスレットのご購入はこちら

facebook

instagram

twitter

YouTube

ルアー合衆国

ウォブリン30gの水面
アクション動画

ウォブリン100gの水面
アクション動画

志摩人通信

みんなで語ろう!釣りブログGyoNet-Blog(ぎょねっとブログ)

アーカイブ